各都道府県陸上競技協会ホームページまとめ

各都道府県陸上競技協会ホームページまとめ

各都道府県陸上競技協会のホームページをまとめてみました。

なぜホームページが必要かというと陸上競技会などに出場する場合は、各都道府県陸協での会員登録が必要になります。

登録会員数は年々増加していて、2017年度の会員数は、424,365人(一般(団体登録+個人登録) 89,050人、学連(大学生登録) 20,786人、高校 114,409人、中学 200,120人)でした。

一般だけでも9万人弱が加入しているので、そこまで登録方法など大変なことではないことが分かります。

登録方法

登録会員になるためには、

  • 団体登録
  • 個人登録
  • 中学生登録
  • 高校生登録
  • 大学生登録

の5つがあります。

団体登録

都道府県陸協に団体(チーム)で登録する方法があります。

最低人数が5名以上で、所属が団体名(チーム名)になり、所属の都道府県は、団体は登録した都道府県陸協の所になります。

個人登録

個人で都道府県陸協に登録する方法もあります。

個人で登録する場合は、所属は登録した都道府県陸協の名前になります。

例えば、宮崎陸上競技協会に登録した場合は「宮崎陸協」という風になります。

中学生登録・高校生登録

通学する学校を通じて登録してください。競技会に出場する場合の所属名は学校名になります。

大学生登録

通学している学校を通じて、日本学生陸上競技連合に登録する方法です。大学生でチームに所属していない場合で5人以上で登録したい場合は、一般と同様に団体登録をするとよいでしょう。

※現在、小学生は日本陸連としては、登録区分がありません。都道府県によっては個別で設定している陸協もあります。

登録料について

登録料は各都道府県陸協によって金額が変わりますので、陸協ホームページで確認をしてみてください。

登録期間

大体、どこの都道府県も3月1日から12月の半ばまでが登録期間になります。

年度ごとの登録が必要になるので、ご注意ください。

各都道府県別陸協ホームページ

北海道・東北地方

関東地方

中部・北信越地方

東海地方

近畿地方

中国地方

四国地方

九州地方

まとめ

各ホームページから登録料や登録できる期間などを確認して、登録をしてみてください。