ランニングは楽しく速くなるのが一番!

100km

マラソン

サロマ湖100km風見尚選手が世界新記録!どんなペースで走った?

今日、平成31年6月24日、第33回サロマ湖100kmウルトラマラソンにて愛三工業所属の風見 尚選手が6時間9分14秒と世界記録が20年ぶりに更新されました。 これまでの世界記録は1998年の同大会で砂田貴裕選手が記録した6時間13分33秒で4分19秒と大幅に記録を更新しました。 6時間9分14秒とはどんな速さでしょうか?