ランニングは楽しく速くなるのが一番!

第102回日本選手権の男子10000m結果 ラップタイム レース展開

ランニング

2018年6月22日(金)に第102回日本選手権男子10000mが行われました。

レース結果と1kmごとの先頭のラップタイム、レース展開について紹介していきます。

レース結果

順位 No. 選手名 都道府県 所属 記録 備考
1 101 大六野 秀畝 宮 崎 旭化成 28:30.66
2 45 大西 一輝 東 京 カネボウ 28:34.25
3 97 市田 孝 宮 崎 旭化成 28:34.61
4 364 西山 和弥 群 馬 東洋大 28:35.72
5 96 鎧坂 哲哉 宮 崎 旭化成 28:41.15
6 99 村山 謙太 宮 崎 旭化成 28:42.46
7 15 井上 大仁 長 崎 MHPS 28:42.91
8 365 相澤 晃 福 島 東洋大 28:45.93
9 43 青木 優 東 京 カネボウ 28:55.01
10 47 平 和真 東 京 カネボウ 28:58.30
11 186 栃木 渡 千 葉 日立物流 28:59.56
12 72 早川 翼 愛 知 トヨタ自動車 29:07.01
13 66 河合 代二 愛 知 トーエネック 29:10.46
14 185 浅岡 満憲 千 葉 日立物流 29:13.24
15 200 中村 匠吾 東 京 富士通 29:57.05
16 187 牟田 祐樹 千 葉 日立物流 30:19.50
172 佐藤 悠基 東 京 日清食品グループ DNF
94 鈴木 洋平 愛 知 愛三工業 DNS

1000mごとのラップタイム

スプリットタイム ラップタイム 先頭の選手
No. 選手名
1000m 2:51.00 2:51 15 井上 大仁
2000m 5:40.00 2:49 96 鎧坂 哲哉
3000m 8:32.00 2:52 96 鎧坂 哲哉
4000m 11:27.00 2:55 15 井上 大仁
5000m 14:21.00 2:54 96 鎧坂 哲哉
6000m 17:15.00 2:54 15 井上 大仁
7000m 20:12.00 2:57 15 井上 大仁
8000m 23:05.00 2:53 101 大六野 秀畝
9000m 25:49.00 2:44 101 大六野 秀畝
10000m 28:30.00 2:41 101 大六野 秀畝

レース展開

7800mまで井上選手(MHPS)、鎧坂選手(旭化成)が先頭を積極的に引っ張る展開。

数人の選手が集団から離れたもののほぼ一団となってレースは展開しました。

7800m過ぎに大六野選手(旭化成)、大西選手(カネボウ)が抜け出して一騎打ちになりました。

2人の後ろには市田選手(旭化成)、西山選手(東洋大学)が2人を追う展開に。

残り1000mに入り、徐々に大六野選手が400m、800mを65秒とペースを上げ、大西選手を引き離します。残り200mを31秒で走り切り、レースを制しました。

今回の10000mは例年の残り800m程度でのスパート合戦ではなく、残り1200mからのロングスパートの展開で大六野選手がレースを制しました。

大六野選手は、サッカーの大迫選手と同じ鹿児島城西高校の出身です。

「大六野半端ない」と呼ばれる走りでしたね。

大六野選手は今後、マラソンに挑戦するようなので、日本代表として走って活躍してほしいです。

 

ランニング
Fukunosukeをフォローする
RUN!RUN!

コメント