ランニングは楽しく速くなるのが一番!

第102回日本選手権の女子10000m結果 ラップタイム レース展開

ランニング

2018年6月22日(金)に第102回日本選手権女子10000mが行われました。

レース結果と1kmごとの先頭のラップタイム、レース展開について紹介していきます。

レース結果

順位 No. 名前 都道府県 所属 記録 備考
1 33 松田 瑞生 大 阪 ダイハツ 31:52.42
2 145 鈴木 亜由子 東 京 JP日本郵政G 31:57.82
3 49 堀 優花 神奈川 パナソニック 32:05.52
4 46 森田 香織 神奈川 パナソニック 32:15.14
5 62 一山 麻緒 京 都 ワコール 32:18.31
6 87 高島 由香 東 京 資生堂 32:18.59
7 56 筒井 咲帆 群 馬 ヤマダ電機 32:18.70
8 74 加藤 岬 福 岡 九電工 32:35.93
9 82 岡本 春美 東 京 三井住友海上 32:43.65
10 329 棟久 由貴 山 口 東京農業大 32:48.07
11 117 井上 彩花 徳 島 大塚製薬 33:09.27
12 120 上原 美幸 東 京 第一生命グループ 33:20.43
13 72 松田 杏奈 鹿児島 京セラ 33:25.14
14 294 関谷 夏希 千 葉 大東文化大 33:27.23
15 90 池満 綾乃 鹿児島 鹿児島銀行 33:30.39
16 84 野添 佑莉 東 京 三井住友海上 33:40.16
17 127 松下 菜摘 岡 山 天満屋 33:40.52
18 73 藤田 理恵 鹿児島 京セラ 34:32.02
19 159 関野 茜 埼 玉 埼玉陸協 34:32.78
23 矢野 栞理 大 分 キヤノン DNS
55 西原 加純 群 馬 ヤマダ電機 DNS

1000mごとのラップタイム

スプリットタイム ラップタイム 先頭の選手
No. 選手名
1000m 3:20 3:20 87 高島 由香
2000m 6:34 3:14 49 堀 優花
3000m 9:47 3:13 49 堀 優花
4000m 13:00 3:13 49 堀 優花
5000m 16:12 3:12 49 堀 優花
6000m 19:22 3:10 49 堀 優花
7000m 22:34 3:12 49 堀 優花
8000m 25:47 3:13 49 堀 優花
9000m 28:50 3:03 145 鈴木 亜由子
10000m 31:52 3:02 33 松田 瑞生

レース展開

最初の1000mは高島選手(資生堂)が3分20秒で落ち着いた入りを見せました。

1000m過ぎから堀選手(パナソニック)が集団を3分10秒から3分14秒のラップで集団を引っ張ります。

6000m過ぎからペースが少し上がって堀(パナソニック)、松田(ダイハツ)、高島(資生堂)、一山(ワコール)、筒井(ヤマダ電機)、森田(パナソニック)、鈴木(日本郵政G)、岡本(三井住友海上)の8人の集団に。

7000mで高島選手(資生堂)、筒井選手(ヤマダ電機)、岡本選手(三井住友海上)が集団から脱落し、5人に絞られる。

7600mで森田選手が集団から離れて4人に。

集団は一山選手が一時、引っ張りますが、8000m手前で堀選手(パナソニック)が再び先頭に出ますが、8200mで鈴木選手(日本郵政G)がロングスパートの体制に移り、先頭は鈴木選手(日本郵政G)と松田選手(ダイハツ)の2名に絞られる展開に。

9800mまで鈴木選手(日本郵政G)を先頭で迎えるも、ラスト150mから松田選手(ダイハツ)のスパートで先頭に立ち、そのままゴールイン。

松田選手は日本選手権2連覇達成でした。

「腹筋女子」と呼ばれるほど腹筋がバキバキで、努力家だと思います。

 

あれぐらい腹筋バキバキになりたいなと思ったレースでした。。

 

 

 

ランニング
Fukunosukeをフォローする
RUN!RUN!

コメント